真ダコ、水ダコみなさんはその違いを知っていますかなんとなく違いが解りますが調べてみました。

真ダコ
腕を含めた体長は約60cmで、腕は胴体(いわゆる「頭」)の約3倍の長さだが、体はしなやかである程度伸縮する。体表は低い突起が密生し、さらに皮膚には色素細胞がくまなく分布する。周囲の環境に合わせて体色や突起の長さを数秒ほどで変えることができ、岩石や海藻によく擬態する。無脊椎動物の中では特に知能の高い種だと考えられている 

水ダコ
タコ類最大だけあって体、吸盤ともに非常に大きい。体長は足(腕)を広げると3-5m、体重も10-50kgにもなり、最大記録では体長9.1m、体重272kgに達する。口のカラストンビは人の握り拳大ほどもあり、これで餌であるカニの甲羅や貝の殻を咬み砕くと言われるが、他のタコのような唾液のチラミン毒素の強さについては不明。Wikipedia引用

水ダコは真ダコに比べて水分が多く身がやわらかい特徴があります。茹で方にお店独自のやり方があり食べ比べてみるのもいいですね!